(けいざい+)行け「ランドセルおばさん」 迫る超少子化、海外にトップセールス(朝日新聞デジタル)

来春の新入学に向けて早くもランドセル商戦が始まった。少子化を背景に、祖父母を巻き込んで高価なランドセルが飛ぶように売れている。ところが、小規模業者が多い業界の悩みは、その先の「超少子化」。危機感を募らせた経営者が、海外市場の開拓に自ら乗り出し始めている。
 吐く息も白い1月の米ニューヨーク・マンハッタン。赤いランドセルを背負った女性が高級ブティックに入っていった。「このカバンどうですか」。飛び込みで入ったのは、ざっと30店。「日本のランドセルへの反応を見たかった」。そう話すのは、日本鞄(かばん)協会ランドセル工業会会長で、職人15人の手作りメーカー村瀬鞄行(むらせかばんこう)(名古屋市)の3代目社長、林州代(くによ)さん(63)。……
本文:1,480文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です