小出恵介が歩むイバラの道 俳優復帰を宣言したけれど… 少女との飲酒淫行で活動停止から1年 芸能評論家「当面、テレビの仕事は難しい」(夕刊フジ)

17歳少女との飲酒と淫行で昨年6月から無期限活動停止していた俳優、小出恵介(34)。4日、フリーで活動していくことを宣言したが、その道は決してなだらかではない。支援の声も上がっているが、イバラの道を歩んでいくことになりそうだ。

 小出は4日、所属事務所アミューズとの専属契約の終了を受けて、「初心に戻り、一表現者として皆様の前に姿をお見せすることができればと思っております」と文書で報告した。

 言葉としては控えめだが、堂々の復帰宣言だ。被害者の女性とは示談がついた。事件の発覚で、放送中止になったNHKのドラマ「神様からひと言~なにわお客様相談室物語~」については、事務所側が賠償金を支払うことで合意している。

 このほか出演予定だった映画やドラマも撮り直しなどが進み、騒動が収束に向かっていることや、自身が代表取締役を務める資産管理会社「夕顔」が解散し、特別清算も終了したことが再スタートのきっかけとなったようだ。

 しかし、イメージダウンの影響は否定しようがない。「極楽とんぼの山本圭壱でもいまだに完全な復帰を果たしたわけではない。今のタレントの仕事の90%はテレビ出演。小出はいくら贖罪してもわいせつ事件のイメージが残っている。テレビ局もスポンサーも難色を示すだろうから、テレビでの仕事は避けざるを得ないだろう」と芸能評論家の肥留間正明氏は厳しい見方を示す。

 気になるのは今後の活動だが、演劇関係者は「テレビのようなマスメディアではなく、まずは舞台に上がるところからでしょう。すべてを捨てて、コツコツやっていくしかない」と見通す。

 さらにこんな声も聞こえてくる。

 「アミューズとは契約が終わりましたが、同社も小出を応援していくとしている。というのも、小出をこのままつぶすのはもったいないと考えている業界関係者も多く、大手事務所がブッキングに動くとも言われています」とある芸能事務所マネジャーはささやく。

 とはいえ、復帰の道はそう簡単ではない。

 肥留間氏は「こうなってしまったのは小出が自分で自分の首を絞めたようなもの。彼ももう若くないのだから、甘い考えは捨てるべきで、芸能界から身を引くという選択肢もあるのではないか」と指摘する。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です