ワッキー「汚い言葉」で代表非難するネット上に指摘(日刊スポーツ)

サッカー経験者のお笑い芸人、ペナルティのワッキー(45)が、ネット上でサッカー日本代表にしんらつな言葉が向けられている現状を受け、「代表に愛のある言葉を」と呼びかけたことで賛否を呼んでいる。

【写真】市船橋の応援席で声援を送るワッキー

 高校サッカーの名門、市立船橋高校出身でプロも目指していたワッキー。14日に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会に向け、日本代表に対する期待や不安をツイッターでつぶやいているが、ネット上では、8日に行われたスイスとの国際親善試合で完封負けを喫した西野ジャパンに対する厳しい声が噴出。これを受けワッキーは9日、「今のサッカー日本代表に対して厳しい言葉をかけるのも一つの愛情だと思う、ただ言葉が乱暴だったり汚かったりするのは違うと思う。言葉の暴力は代表選手でも傷つくし プレーにも出てしまうような気がしてなりません」とし、「愛情の裏返しだと思いますがどうか皆さん、代表に愛のある言葉を」と呼びかけた。

 ワッキーの意見に賛同する声も多数あがったが、一方ではさらに過激なバッシングにさらされる海外チームの環境と比較し、「甘やかしている」といった反論も少なからずあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です