「外貨建て保険」の落とし穴 新興国通貨の急落が他人事ではない理由(マネーの達人)

2018年5月の初め頃にアルゼンチンから、世界経済を不安定にするかもしれない、驚きのニュースが発表されました。

それはアルゼンチンの中央銀行が、政策金利を6.75%引き上げ、40%にしたというものです。

しかもわずか8日の間に3度目も引き上げしており、政策金利の引き上げ幅は合計で12.75%に達します。

この背景としては、アメリカの長期金利が約4年ぶりに3%台を付けてから、アルゼンチンの通貨であるペソが、米ドルに対して急落しています。

そのため、アルゼンチンの中央銀行は通貨防衛を目的に、大幅な政策金利の引き上げを決断したのです。

つまり、アルゼンチンの中央銀行は、これくらいの高金利を与えれば、投資家は米ドルを売り、アルゼンチンペソを買ってくれるはずだから、通貨の急落は止まると考えたのです。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です