【ディズニー報知】TDS大規模拡張2022「アナと雪の女王」エリアとは(スポーツ報知)

東京ディズニーリゾート(TDR、千葉・浦安市)を運営するオリエンタルランド(OLC)は14日、TDR内のホテルで記者会見を開き、2022年度中に東京ディズニーシー(TDS)に映画「アナと雪の女王」、「塔の上のラプンツェル」、「ピーターパン」の世界をテーマにした3つのエリアを導入することを発表した。

【写真】「塔の上のラプンツェル」をテーマとしたエリアのイメージ画像

 TDS8番目のテーマポートとして、「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」となる。エリアに隣接する5つ目のディズニーホテルも計画され、プロジェクトは、TDS開業以来最大の面積約14万平方メートルに及び、過去最多の約2500億円をかけての大規模な拡張となる。

 ここでは広報資料をもとに、3つのエリアの詳細を3回に分けて紹介する。

 ◆「アナと雪の女王」をテーマとしたエリア(アトラクション1施設、レストラン1施設)

 ディズニー映画「アナと雪の女王」を舞台とするこのエリアには、映画の終盤、雪の女王であるエルサが、氷の魔法を受け入れたあとの世界が広がり、ゲストは門が開かれたアレンデール王国を訪れることができる。このエリアには、アナとエルサ2人の姉妹の心温まるストーリーをめぐるアトラクションと、美しい雪山のふもとにあるアレンデール城の中にレストランが導入される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です