志尊淳が主演映画「ドルメンX」で「どうカワイく踊ろうかと…」(スポーツ報知)

NHK朝ドラ「半分、青い。」のボクテ役で人気沸騰中の俳優・志尊淳(23)が16日、大阪ステーションシティシネマで、主演映画「劇場版ドルメンX」(小室直子監督、公開中)の舞台あいさつを行った。

 地球侵略を目指すイケメン宇宙人4人組が、アイドルになって地球人の心をつかもうとするストーリー。共演の浅香航大(25)や、チュートリアル・徳井義実(43)、音楽プロデューサー担当の野性爆弾・くっきー(42)らと登壇した。

 冒頭のあいさつで宇宙人の仲間を演じる堀井新太(25)がオリジナルラップを披露して「大阪はお笑いに厳しいイメージ」と話すと、志尊は「それでよく、あのラップやったね!」とキツいツッコミで会場を沸かせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です