アサヒも高アルコール第3のビール 大手4社、競争に(産経新聞)

アサヒビールは15日、第3のビール「クリアアサヒ」ブランドに、アルコール度数が7%と、一般的なビール類に比べ高アルコール度数となる「クリアセブン」を7月3日に発売すると発表した。高アルコール第3のビールは昨年以降、各社が発売し、好調な売れ行きを示している。アサヒの参入で、大手全社で出そろうことになり、競争が激化しそうだ。

 クリアセブンは、高アルコール系ではアルコール度数を高める目的で使用されることが多い糖類を使っていない。そのため、ビールらしい麦の味わいも楽しめるとしている。コンビニエンスストアでの店頭想定価格は350ミリリットル入りで147円。今年末までに150万ケース(1ケースは大瓶20本換算)の販売を目指す。

 高アルコール第3のビールは昨年7月、サントリービールが度数7%の「頂〈いただき〉」を発売。「今まで2本飲んでいたのが、アルコール度数が高く、1本で満足できる」とアピールする。同年6月に強化された酒の安売り規制を背景に、ビール類が値上がりした中で、消費者のコストパフォーマンス(費用対効果)意識の高まりにマッチし、人気を集めた。

 サントリーは今年2月のリニューアルで8%に度数を高め、キリンビールも1月に「のどごしストロング」を投入するなど、高アルコール第3のビールがブームとなってきた。今月、サッポロビールも発売し、好調な出足をみせている。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です