(語る 人生の贈りもの)鎌田慧:11 荒涼たる海岸、重ねた地方の姿(朝日新聞デジタル)

■ルポライター・鎌田慧

 本州の北端に「まさかり」のような形をして突き出ているのが青森県の下北(しもきた)半島です。1971年春、編集者と一緒に回っているときでした。「土地を買いに来たんですか」。タクシーに乗ると運転手から尋ねられたのです。
 《石油コンビナートを中心とする「むつ小川原開発計画」の取材だった。対象地域は三沢市や隣接する六ケ所村である。パンフレットには「工業生産額約5兆円」「工業従業員 約10万~12万人」と書かれていた》
 バラ色の構想ですよ。それにだまされるかのように、あちこちで「思惑買い」が始まり、生活苦や借金返済のために低価格で土地を手放す農家が続出したのです。……
本文:823文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です