(語る 人生の贈りもの)鎌田慧:7 煙突・鉄人集団、現場を見たくて(朝日新聞デジタル)

■ルポライター・鎌田慧

 鉄鋼新聞に入ったのは、理科の教材となる教育映画や、工事などを記録した産業映画が好きだったからです。
 文句一つ吐かず、モクモクと煙を吐き続ける煙突。炎を絶やすまいと盆暮れもなく溶鉱炉を守る鉄人集団。鉄鉱石を高炉などで還元してつくる際に火花を散らして噴出する銑鉄(せんてつ)――。そんなダイナミックな映像に感激していたので日本の基幹産業の現場を自分の目で見たくなったのです。
 《最初に配属されたのは記者が書く記事に見出しをつけたり、レイアウトを考えたりする整理部門だった。入社してから約3カ月後、取材記者が属する出稿部門に異動になる。……
本文:813文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です