(語る 人生の贈りもの)鎌田慧:9 イタイイタイ病、黒い湖に愕然(朝日新聞デジタル)

■ルポライター・鎌田慧

 月刊総合雑誌「新評」の編集部をやめてフリーのルポライターになったのは1968年、30歳のときでしたね。もともと組織の中で働くサラリーマンは性に合いません。いずれはやめようと思っていました。
 でも、もう一つ大きな理由がありました。社会問題に深く切り込むルポルタージュを重視する「新評」の方針は、一部の執筆者には強く支持されていたのです。ですが社長は重たいテーマに興味がありませんでした。「鎌田君、ビールのように爽やかな雑誌にしようぜ」と牽制球(けんせいきゅう)を投げてきたのです。その言葉を聞き、「ああ、もう駄目だな」と退社を決意したのです。……
本文:832文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です