よいお金儲けの条件とは?~日大アメフト問題と経済思想史(現代ビジネス)

組織のなかでのみ生きる人は、「人間」ではなくなる。社会の人びとと向き合う心を失ってしまうのである。日大アメフトの危険タックル事件における内田監督の発言は、まざまざとそれを見せつけた。

 事件は今年5月6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメフト定期戦でのことである。日大の選手がラフプレーで関学大のクオーターバック(QB)を負傷させた。

 背後には「相手のQBを1プレー目で潰せば(試合に)出してやる」という内田監督からの指示があった。にもかかわらず、事件後に開かれた記者会見において監督は、「潰せ」というのは強いタックルで当たれという意味であり、怪我をさせろという意味ではないと主張した。

 幼稚な言い逃れとしか思えない。相手QBを含め、社会の人びとは「なぜ?」と問いかけたのだが、それに向き合う心を監督は持っていなかった。

 一方で、ラフプレーの当事者である日大の宮川選手は、記者会見を開き、真摯な反省の言葉を述べた。

 相手QBとも、社会の人びととも向き合った「人間」がそこにいた。彼は、なぜあのラフプレーに及んだのかを語った。彼を追い詰めた監督やコーチの言葉は、おぞましいとしか言い様がないものであった。

 監督の発言に強い憤りを感じたのは、私だけではないだろう。しかし、彼は特異な、例外的な存在というわけではない。

 組織に生きる人が社会と向き合う心を失っている例は、日常にあふれている。ノルマに追われて「何でもいいから売ってこい」と部下に命ずる営業課長。法的責任を回避するために作られたマニュアルに従って応接する窓口の係員。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です