今夜、西野ジャパンが突くべきコロンビア代表の「スキ」が分かった(現代ビジネス)

ロシアワールドカップ、日本の懸案は「初戦、コロンビア」。その結果が大会を左右する。グループリーグはたった3試合で、初戦で負けた場合、突破はかなり苦しくなるからだ。

 引き分けるだけでも、かなりの難関である。「勝利の可能性を探る」。率直に言うと、サッカーの専門的立場にいる人が聞けば、「無理でしょ」と眉をひそめるだろう。

 FIFAランキングは、日本が61位、コロンビアが16位。数字にすると、差が明白になる(コロンビアにしてみれば、日本が122位のタイと対戦する格差に近いか)。

 以前から「日本代表は南米代表が苦手」という見方もあって、事実、過去の対戦成績も分が悪い。

 なにより、今回のコロンビアの面子は錚々たるものだ。

 ハメス・ロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン)は世界のスーパースターの一人。他にも、ファン・ギジェルモ・クアドラード(ユベントス)、ラダメル・ファルカオ(ASモナコ)、ダビンソン・サンチェス(トッテナム)、ジェリー・ミナ(FCバルセロナ)、クリスティアン・サパタ(ACミラン)、ダビド・オスピナ(アーセナル)など、欧州ビッグクラブ所属の選手が並ぶ。

 しかし、相手を必要以上に大きく見積もってはいないだろうか。

 コロンビアは昨年11月に韓国、今年3月にオーストラリアとアジア勢とテストマッチを戦っているが、1分1敗(韓国に2-1で敗れ、オーストラリアとは0-0)と勝てていない。今年6月のエジプト戦もスコアレスドローだった。

 一発勝負では、FIFAランキングなど簡単にひっくり返る。そして、クアドラード、ミナ、サパタ、オスピナはいずれも今シーズン、所属クラブでレギュラーではない。

 「ゴールが生まれないと、それによって消耗が浮き出て、プレーに自信を欠くこともある。ただ、今はディテールをフィットさせているところ。心配はしていない」

 エジプト戦を無得点で終えた後のホセ・ペケルマン監督のコメントである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です