大阪北部地震を地震学者はどう見たのか(現代ビジネス)

———-
6月18日午前7時58分に発生した大阪北部地震は、震度6弱を記録し、大きな被害を引き起こした。今回のような内陸地震は活断層によって発生する。ブルーバックス編集部では、地震学者として活断層を研究する、東北大学災害科学国際研究所の遠田晋次教授に緊急に話を聞いた。
———-

 今回の大阪北部地震は、マグニチュードにすると6.1(気象庁発表、6月18日17時現在)。たとえば熊本地震(2016年、M7.3)や兵庫県南部地震(1995年、M7.3)にくらべると、地震の規模としては60分の1ほどで、それほど大きい地震ではありませんでした。しかし、起きた場所が良くない。最も揺れの大きかった地域は大阪のベッドタウンで人口も多い。耐震性のない古い建物が壊れたりして、被害が広がりました。

 今回の地震は、これまでに知られている活断層の一部が地下で動いたのかもしれないし、まったくマークしていなかった断層が動いたのかもしれません。場所が1596年に起きた慶長伏見地震と似ていますが、当時はこの地域で活断層による地震が連続しました。

 これをきっかけに周辺の活断層が刺激されて、さらに大きな地震が誘発される可能性があります。2016年4月の熊本地震では、最初の地震の28時間後に、さらに大きな地震が発生しました。今回も、今後数日~1ヵ月は注意深く見ていかなくてはなりません。

 1995年の阪神淡路大震災を引き起こした兵庫県南部地震以降、関西でも地震は起きる、という知識が一般にも浸透しました。23年経って再び大きな地震が発生し、関西地方の方々にとっては、あらためて地震への備えに対する意識が呼び起こされたと思います。

 一般に活断層地震、直下型地震と呼ばれる非常に浅い地殻内地震は、関東より、本来、中部・近畿地方のほうが起きる可能性が高いと考えられています。とりわけ、京都から大阪にかけては、いくつもの断層帯が集中しています。今回の地震の発生原因が上町断層か有馬-高槻断層帯か、あるいは未知の断層なのかまだわかりませんが、今後、これが火種となって周辺に拡大しないことを願っています。

 (2018年6月18日談)

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です