意外な才能開花!?関ジャニ渋谷の短歌を俵万智が絶賛 ファン「こんな逸材がいなくなるなんて…信じられない」(夕刊フジ)

16日に放送された「関ジャニ∞クロニクル」(フジテレビ系)で、街ブラをしながら短歌を詠む新企画「ぶらり短歌」に関ジャニ∞メンバーがチャレンジ。歌人の俵万智(55)が有名短歌に隠された秘密を明かす一方、渋谷すばる(36)が個性を爆発させ、番組を盛り上げた。

 この企画は9日放送分の後半戦。渋谷、丸山隆平(34)とお笑い芸人のピース・又吉直樹(38)が街の人気店のメニューを題材に短歌を詠み、ゲストの歌人・俵が評価していった。この日のオープニングでは、俵の有名な歌「サラダ記念日」の話題になった。「この味が いいねと君が言ったから 七月六日は サラダ記念日」。MCの村上信五(36)が「うかがったところによると、(歌に詠まれた本当の題材は)サラダではなかったという…」と切り出すと、俵は「そうですね。歌ができるキッカケは鶏のから揚げでした」と告白。続けて「たまたまいつもと違うカレー味にしたんですよ。それがすごいウケて、“おいしいって言ってもらったことが自分の記念日だな”と思って。から揚げではうまく歌にならなくてこうなりました」と、名歌誕生の裏に隠された秘話を明かした。

 「(から揚げだと)印象が変わりますもんね」と同調する又吉に対し、「真実を伝えるためだったら事実と違ってもいいというか」と俵。歌を作るコツのひとつであると語った。その言葉を聞き「その“七月六日”っていうのは…」と又吉がツッコむと、俵は「7月でなければ、6日でもないです」としたうえで、「サラダ記念日にするには野菜の元気が出る6月、7月。“サラダ”と“七月”のS音が響きあうから7月にしようとか。七夕が恋人同士の記念日というのは普通だから、1個前にしようかなとか」と解説。あの名歌は練りに練られて生まれたものだったと明かした。

 31音に込められた深いこだわりに出演者は感嘆。9日放送回で、俵の前で歌を詠むのが嫌で出演を1度断ったことを明かしていた又吉だったが、「やっぱり先生の話を聞く時間にしませんか?」と再び及び腰になり、共演者の笑いを誘った。

 この日はピエール・エルメ・パリ青山の人気メニュー「デセール ジャルダン ジャポネ(桜色のマスカルポーネクリームの上にあめ細工が浮くデザート)」を題材に、グルメリポートの要領で歌を詠む「たとえて短歌」に挑戦。渋谷は「見た目より 甘くないのよ すりガラス 壊してみてよ あなたのスプーンで」と題材を女性にたとえた独特の歌を披露。雰囲気のある傑作に拍手が起こった。

 その後、なかなか作品が浮かばない様子の渋谷。しばらくして「めっちゃ言いたいやつ出てきた」と宣言。村上が危険を察知し「めっちゃニヤニヤしとるな」と先手を打つなかで渋谷が発表した歌は「顔真っ赤 頭の上に 甘い皿 ニヤニヤしてる ぼくエロガッパ」。どうしても思考がエロに寄ってしまう渋谷の、素直な歌に出演者は大爆笑となった。

 さらに、メニューを題材にしながら俵が提示した「生」という字を使い歌を詠む「ほうりこまれ短歌」でも、渋谷は「年下の 女子大生に ののしられ ニヤニヤしてる ぼくエロガッパ」「年上の 英語の先生 帰国子女 ニヤニヤしてる ぼくエロガッパ」と“ぼくエロガッパ”シリーズを連発。これに俵が「結句をそろえて10首くらい並べたら面白いかも」とアドバイスすると、渋谷は「『ぼくエロガッパ』っていう本出しますか(笑)」とノリ、さらなる爆笑を誘った。 番組も終盤に差し掛かった締めに入ったところでも“ぼくエロガッパ”熱が収まらない渋谷。最後に「生意気な 女子高生に 無視されて ドキドキしてる ぼくエロガッパ」とダメ押しすると、俵のコメントは意外にも「エロガッパのなかで一番いい」。まさかの絶賛に渋谷は照れ笑いを浮かべるしかなかった。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です