田中哲司、妻・仲間由紀恵に「観劇させない」狂気への暴走 残影が消えない舞台『ハングマン』(夕刊フジ)

主演俳優の田中哲司(52)は、東京公演直前の取材時に、妻で女優の仲間由紀恵(38)が観劇するかどうかについて「胎教に悪いので来ません」と話した。

 舞台「ハングマン」。ハングマンとは絞首刑執行人のこと。そういう職種を主人公にすえる戯曲を手掛けたのはマーティン・マクドナー(48)だ。映画監督としても手腕は注目され、今年2月に日本公開された「スリー・ビルボード」で第90回アカデミー賞の主演女優賞、助演男優賞を獲得している。

 日本語版が5月に東京で初上演され、現在は地方で公演中だ。

 田中が演じるのは、元ハングマンのハリー。冤罪を訴える連続婦女殺人犯の刑を執行しようとしていたところ、「せめてピアポイントを呼べ」と別のハングマンの名前を出され、憤りの中で刑を執行してしまう。

 その2年後の1965年、ビートルズが世界を席巻していた時代。イングランド北西部の町にあるパブで、ハリーは第2の人生を送る。すでに死刑制度は廃止され、お払い箱になっていた。

 ある日、地方紙の記者がやってくる。ハリーのインタビューを取ろうと粘り腰を見せた結果、掲載された記事。そこから微妙に状況が動き出す。

 ピッカピカの善人は登場せず、みな何かしらの業を抱える。その中にロンドンなまりの色男だが、うさん臭いタイプの若者が現れる。名はムーニー。大東俊介が屈折をまとうように演じる。

 舞台に不穏な影が落とされ、時間軸も歪む。ムーニーは冤罪を叫んで絞首刑にされた男が犯した事件の真犯人だ。そんな情報がもたらされる中、ハリーの娘が、デートの誘いに乗ってしまう。

 いつまでも帰らない娘。居場所を吐かせようと、ハリーはパブでムーニーを絞首する。処刑する気はなく、脅しのつもりだったが、やがてそうでもなくなっていく…。

 演出も手掛ける俳優の長塚圭史(38)は、地方紙の記者役でも登場する。かつてのブンヤのやさぐれ感をうまく体現している。田中は殺気をまとった演技。優しい演技とはあべこべに、言葉がぎすぎす刺さってくる。小さな集団が、狂気に走る暴走を誰も止められないという残酷さ。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です