(語る 人生の贈りもの)大塚初重:1 学会設立日、お茶配って回った(朝日新聞デジタル)

■考古学者・大塚初重

 先月の26日、東京の明治大学で開かれた日本考古学協会の総会で、協会では2人目という「名誉会員」にしていただきました。協会が設立されて今年で70年になります。
 ぼくも今年92歳。それまでの皇国史観から脱却し、新たに歩み始めた戦後の日本考古学に関わり、かたわらで見つめ続けてきた自分としては、万感の思いがあります。
 《日本考古学協会の設立は1948年。誕生には、前年から始まり、教科書などでも取り上げられた静岡県登呂遺跡の発掘が関わっている》
 数万坪にも及ぶ登呂遺跡は43年に発見され、弥生時代の住居跡と水田が一緒に見つかったことで後に有名になるのですが、調査費用は、当初は明治大学の後藤守一先生への個人的な研究費ということで文部省から交付されていた。……
本文:820文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です