(寄稿)梅雨がきた、心照らすのは 窪美澄(朝日新聞デジタル)

梅雨がやってきた。色を変えていく紫陽花(あじさい)を見るのも、窓をたたく雨音を聞くのも、決して嫌いではない。けれど、体はきつい。
 雨が降り出す前になると、頭痛の予兆がする。雨の朝はいつまでも眠く、ベッドから出られない。やっと起き出してもだるさが抜けない。急激な気温や湿度、気圧の変化で起こる体の不調が、このところ、特にひどくなっているような気がする。こういう症状は「気象病」と呼ばれているそうで、私もまさしくそれなのである。
 一人で仕事をしている自営業ゆえ、仕事はさぼろうと思えばさぼれるし、休もうと思えば休める。……
本文:1,373文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です