(語る 人生の贈りもの)鎌田慧:5 増えぬ給料、約束守れと直談判(朝日新聞デジタル)

■ルポライター・鎌田慧

 東京の板橋にあった8ミリカメラ試作工場に18歳で就職し機械見習工になりました。「人生の勉強になる」と紹介してくれた叔父にいわれたのがきっかけです。与えられたのは金ノコで鉄棒を切ったりミーリングマシンという機械で細長い鋼材を一定の長さに切断したりする仕事でした。
 ですが、不器用な僕はよく失敗しました。そのたびに工場長から怒鳴られました。
 《時給23円。あんパン二つ分である。憧れの都会生活とはほど遠い現実。毎日毎日、逃げ出すことだけを考えた》
 楽しみはフランス語の学校「アテネ・フランセ」に通うことでした。……
本文:832文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です