(語る 人生の贈りもの)鎌田慧:8 編集者に転職、自らルポ取材も(朝日新聞デジタル)

■ルポライター・鎌田慧

 転職は1966年の夏。28歳でした。このときも、新聞の3行広告を見たのがきっかけでした。創刊されたばかりの月刊総合雑誌「新評」の編集部で、会社は銀座5丁目にありました。応募者は殺到しましたが、合格したのは僕1人だけでした。運が良かったとしか言いようがありません。安月給でしたが、僕は張り切っていました。
 《骨太のルポルタージュが多かった「新評」。竹中労が団地族の生活や大部屋俳優の低待遇を描いた「ドキュメントにっぽん」、政治評論家の藤原弘達が政界の裏金などを取り上げた「にっぽん検察」シリーズも話題を呼んだ》
 僕も、会う人間の幅が広くなり、刺激を受けましたね。……
本文:815文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です