AKB総選挙2位・須田亜香里 サラリーマンが見習うべき“ブスキャラ”からの“逆境力”(夕刊フジ)

16日の「第10回AKB48グループ世界選抜総選挙」ではSKE48の松井珠理奈(21)が初の1位に輝いた。そんな中、注目は昨年6位から2位にまで躍進したSKE48の須田亜香里(26)。“ブスキャラ”のレッテルを貼られながらも“神対応”で登り詰めた。コンプレックスを力に変えた彼女。ビジネスマンが見習うべき存在かも。

 アイドルグループにいながら、自他共に認めるブスキャラ。2009年のデビューから3年間は後列の隅が定位置だったことでコンプレックスを抱えていたが、自己最高だった昨年の6位から順位を上げ、票数は約9万票も上乗せした。

 彼女のコンプレックスの原点は幼稚園までさかのぼる。「花いちもんめで選んでもらえなかったことかな」というから相当根深い。

 自著「コンプレックス力~なぜ、逆境から這い上がれたのか?~」を出版したとき、「本当はめちゃめちゃネガティブなんですよ。でも、それが執着心になって、力に変わっているんです」と語っていたほど。

 だからこそステージでは全力のパフォーマンスをみせ、握手会ではファンへの“神対応”に徹し、一人一人の特徴を覚える努力をしたことで「握手会の女王」と言われるほどに成長したのだ。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です