「韓国人になりたい」日本男児(ナムオル)いつの間にか増殖中の怪(現代ビジネス)

2枚の写真を見比べてみていただきたい。1枚目は、ある日本の青年が自身のインスタグラムに載せたものだ。明るい色の髪、力強い目線を強調したメイク。コメントには「ゆんぎメイク練習中なり」。ゆんぎとは、K-POPアイドルグループ・防弾少年団のメンバー、SUGAの本名だ。確かに、SUGAの写真(2枚目)を彷彿とさせる。

 最近、韓国好き女子の間で、彼らは韓国語の「ナム(男)」と「オルチャン(顔がきれい)」の省略形を合わせ、「ナムオル」と呼ばれている。(ちなみに本場韓国では「ナムオル」という言葉は存在せず、日本オリジナルの造語)。

 『インスタ女子の間で「#韓国人になりたい」流行中の意外と深イイ理由』という記事を書いてから半年。今、原宿や表参道などのオシャレスポットには韓国人っぽいメイクや服装の女の子が普通に闊歩し、コリアンタウン・新大久保は駅に入場規制がかかるほどの活気を帯びている。

 そんな中、新たな異変を感じたのは、今年2月のことだった。

 「K-POPアイドルグループのメンバーがこんなところに!?」

 東京・渋谷マルイの前を歩いていたとき、ひときわ目を引く男子2人組とすれ違った。年齢は10代後半から20代前半ぐらい。明るい色に染めたマッシュルームカットの髪、アイシャドウや赤いティントでメイクした顔、黒いロングコートにスキニーパンツ。

 来日したK-POPアイドルが、東京でオフの時間に行きたい場所の筆頭として挙げるのが渋谷、原宿界隈だ。「もしや、K-POPグループのメンバー!?」と、こっそりマジマジと眺めるも……該当者ナシ。どうやら一般人のようだった。

 ふと見渡すと、街にちらほら点在する「韓国人になりたい」風の男子たち。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です