これからの“おもてなし”は、何をしなくていいのか(ITmedia ビジネスオンライン)

ジルトン合同会社のPWP先行02(218,000) 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

ジルトン合同会社の
PWP先行02(218,000)について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:これからの“おもてなし”のあり方は? (写真提供:Getty Images)

これからの“おもてなし”のあり方について深く掘り下げていきたい。

 成熟化した市場で競争に勝ち抜くためには、当然ながらいかに他社と差別化し、シェアを奪取することが重要である。商品での差別化が難しくなった企業の多くが、顧客の期待を上回るサービスで顧客を感動させ顧客ロイヤルティーを高めるという、サービスでの差別化戦略をとるようになった。

差別化は「引き算」の時代へ

 その結果、顧客ロイヤルティーの獲得競争はサービス本来の合理性から一人歩きし、足し算的にサービスを付加していくことを助長していった。ディズニーランドにおける感動接客や、楽天市場の読み応えのあるサイト構成も、そうした足し算的発想の先にあったものと考えれば納得がいく。

 しかし、顧客の期待値を大きく上回った時に一気に顧客ロイヤルティーが高まるというホッケースティックモデルは、必ずしも当てはまらないことが分かりつつある。期待以上のサービスを受けた顧客と、期待が満たされただけの顧客のロイヤルティーにはほとんど差がないどころか、カスタマーエクスペリエンスは顧客のロイヤルティーよりもディスロイヤルティーを促進する可能性が4倍高いという結果は、ある意味残酷とも言える現実である。そして、高いおもてなしこそが顧客ロイヤルティーを高めるという「おもてなし神話」と引き換えに浮かび上がってきた強力なキーワードが「顧客努力の軽減」である。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です